内部被ばくを考える市民研究会

福島第一原発事故後の日本に生きて、川根眞也が日々感じて思うことをつらつらを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三郷市医師会・三郷市 主催 明石真言(放射線医学総合研究所 理事)『放射線と健康に関する講演会』で語られたこと、語れなかったこと【9月1日】

 9月1日三郷市文化会館大ホールで行われた、明石真言氏(放射線医学総合研究所 理事)の『放射線と健康に関する講演会』に参加しました。冒頭、木津雅晟市長のあいさつに続き、三郷市医師会の会長 森野一英氏は、「三郷市がホット・スポットと言われるが、インターネットで出ている情報を見ると、存在しない町名や小学校などがあった」と発言。あたかも、インターネットの情報はすべてうそだという主張をしました。
 テレビ、新聞は今まで、福島第一原発の事故はチェルノブイリ原発事故から比べたら、一万分の1、1000分の1と言ってきました。おととい、8月30日の読売新聞朝刊1面がやっと、福島 土壌汚染 高濃度34地点、チェルノブイリ移住基準超と報道しました。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110829-OYT1T01205.htm

 インターネット上では、3月、4月の時点で、この評価は出ていました。

 なんと、インターネット上で出ている「福島第一原発事故はチェルノブイリを超える」という見解を認めるのに、新聞は5か月かかったのです。「これくらいの放射能は安全です」という悪宣伝のもとに、この5か月あまりに、一体何人の人々が被曝していったのか。

 明石氏の講演で語られたこと、語られなかったことをいくつか紹介しましょう。

 彼は、自然放射線についてはよく語りました。ラドンとかカリウム40とか。しかし、ヨウ素131の危険性、セシウム137の危険性については、まったくと言っていいほど語りませんでした。

 そして、明石真言氏は、放射線医学総合研究所理事であり、また「緊急被曝医療センター長」です。3月に高濃度に汚染された水を原発労働者は浴びてしまった際の治療にあたった人間です。この新聞記事にも彼の写真が載っています。
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201103250508.html

 彼は日本を代表して、世界保健機関(WHO)の総会に出席し、福島第一原発事故と放射能漏れについて講演をしています(5月17日)。その中で、彼は、「幸いなことに福島第一原発事故で、外部被曝および内部被曝によって、治療が必要な原発労働者や一般市民は一人もいない」と語っているのです。

WHO総会講演資料 P.30参照
http://www.nirs.go.jp/data/pdf/WHO_PresenVer3.pdf

 また、彼は、「東北地方の野菜を食べてはいけないと食べないでいると、ビタミン不足になるのが危険」と発言しました。「最近の研究では、胎児の遺伝子が驚くほど放射線の影響を受けないことがあきらかになりました。お母さんの身体が遮ってくれるので、X線を妊娠している方が受けた場合、妊娠中に一般の(X線)検査を受けても胎児への影響を心配する必要はありません。」と発言。他にも、(三郷市のように高い放射線量の地帯で)「子どもを外で遊ばせても問題はありません。」「子どもが外で遊ばないことによるストレスが非常に大きい」「GMサーベーメータ(個人が持っているガイガーカウンターのことです)では食べ物の放射線量は測れません。食品については決められた計測機器(ゲルマニウム半導体検出器のことです)で決められた容器できちんと測ることが大切。」「レベルが低いと測定するのに3~4時間と時間がかかる。もう検査機関は手いっぱいでみなさんから依頼されても測ることはむずかしい。」「お米の土壌から白米、玄米への移行係数はこれから細かい調査をして測っていくもの。今のところ、規制値を超えていない。」

 これに対して、

① 1950年代~60年代初めにかけて行われた、大気圏内核実験において、日本にも大量のセシウム137、ストロンチウム90は降り注いでいます。この放射能汚染された田畑から白米へどれくらいセシウム137、ストロンチウム90が移行するのかは、いくつもの研究報告があります。白米については、0.16%。玄米については、0.33%です。つまり、1000ベクレル/kgセシウム137に汚染された田畑があると、玄米では3.3ベクレル/kg出てきます。白米では1.6ベクレル/kg出てきます。これが10000(1万)ベクレル/kg汚染されていると、玄米33ベクレル/kg。白米16ベクレル/kg。

 ちなみに、ドイツ放射線防護協会が3月20日の時点で、日本に住む人へ提言をしています。その中で乳児、子ども、青少年に対しては、1kgあたり4 ベクレル以上のセシウム137 を含む飲食物を与えないよう推奨されるべき、と書かれています。日本の暫定規制値はこれに対し、500ベクレル/kg。チェルノブイリ事故でガンだけでなく、さまざまな健康被害に苦しむ、ベラルーシ、ウクライナの方がの基準はベラルーシ37ベクレル/kg、ウクライナ40ベクレル/kgです。繰り返しますが、日本が500。ドイツの提案は4。つまり、499ベクレル/kgのお米までスーパーに並んで売られてしまうということです。

 明石氏ほどの人間がこの数値を知らないわけはありません。8月26日に農林水産省などと交渉した際に、彼らもこの移行係数を言っていました。彼はわざとまだ調査中と言っているのです。そして、新米からはまだ、暫定規制値を超えるものはでていない、と。そうです。500は超えていないでしょう。500を超えるためには、土壌汚染が312000(31.2万)ベクレル/kgないといけません。新聞報道では、福島県飯舘村が100万~300万です。残念ながら、ここでは500ベクレル/kgを超える白米ができるでしょう。有機栽培、自然農法に取り組んで来られた農民の方々には何と申し上げていいのか、わかりません。

「安全なお米を学校給食に」衆院内集会 2011年8月26日 
http://www.ustream.tv/recorded/16878593

② 妊婦がX線を浴びてはいけないことは自明のことです。国際放射線防護委員会(ICRP)が勝手に、2006年に「奇形児」が生まれるいきい値を100ミリグレイ(100ミリシーベルト)にして、それ以下では中絶の理由にしてはならない、としただけです。実際には、妊娠3週から8週までの間に胎児が自分で様々な臓器を作り上げる期間であるため、放射線の感受性がとても強い時期です。この妊娠から2カ月の間に放射線を浴びた場合は、胎児が障碍を持って産まれてくる可能性があります。

③ 三郷市のように、0.25~0.45マイクロシーベルト/時あるような、公園、園庭、校庭で子どもたちが遊べば、普通に砂ぼこりとともに、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137、ストロンチウム90などを吸い込むのは予想されることです。1学期、小学校の運動会の練習が始まったとたんに、鼻血を出したり、原因不明の高熱が続く子どもたちが三郷市でもたくさん出ています。三郷市医師会会長、森野一英氏の耳にも入っているはずです。私は0.20マイクロシーベルト/時を超える保育園、幼稚園、学校は学校閉鎖にすべきだと思います。それで、除染をして、0.20以下に下がれば、子どもたちを戻せばいいのです。外で遊ばせても大丈夫という根拠がありません。

④ 1954年のビキニ事件をみなさん、ご存知でしょうか?3月1日、アメリカが行なった、水爆実験によって、日本のマグロ漁船「第5福竜丸」以下、少なくとも856隻のマグロ漁船が、放射性降下物(フォールアウト)を浴びてしまいました。このサンゴ礁の灰は非常に強い放射線を出し、「死の灰」と呼ばれました。水揚げされたマグロからも大量の放射線を計測しました。しかし、マグロは大量に水揚げされます。放っておくと腐るし、ぐずぐずしていると市場に出回ってしまうものですから、当時はガイガーカウンターで測って100cpmを超えたら、土に埋めて廃棄したのです。これだと、5分くらいで簡単に測れます。みなさんでも少し勉強すれば測れます。もうすべての食品の放射線量を測って、安心して食べられるようにするべきなのです。私は、GM管サーベイメータでの計測を提唱します。

会場出口で、私が測った3月15日の空間放射線量のグラフを配りました。100部しか持っていかなかったので、多くの方には渡すことができませんでした。資料に載せておきます。私はこの日の午後、埼玉県全域で「屋内退避」の指示を出すべきであったと考えています。国も埼玉県も、異常な放射線量の上昇を観測しながら、何も国民に指示を出しませんでした。この事実から私たちは学ぶべきです。私はこの17時~18時に外で空気を吸っていた場合、大量のヨウ素131を吸い込んだ可能性があると考えています。僕が測った空間放射線量 2011年3月15日 Radex1503で計測
スポンサーサイト
  1. 2011/09/02(金) 11:09:34|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<9月3日北坂戸講演会 伊利仁 坂戸市長が参加してくれました!!! | ホーム | 内部被ばくを考える市民研究会が発足しました>>

コメント

これから勉強させて戴きます

これから勉強をさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
  1. 2011/09/03(土) 08:06:58 |
  2. URL |
  3. 今日 #-
  4. [ 編集 ]

Re: これから勉強させて戴きます

ウェルカムです。一緒に勉強していきましょう。近日中に、小学生、中学生、高校生対象の放射能学習会を企画中。ご協力を!


> これから勉強をさせていただきます。
> よろしくお願いいたします。
  1. 2011/09/08(木) 18:49:48 |
  2. URL |
  3. 川根眞也 #TM7rsj.w
  4. [ 編集 ]

明石センセイは生協でも活躍しています

明石真言氏は,日本生協連傘下の「さいたまコープ」や,「コープかながわ」などで講師としてさかんに招聘され,安全を宣伝しています。生協運動も地に落ちました。(クラブ生協は運動方針が異なり,別格ですが)
  1. 2011/10/05(水) 18:04:38 |
  2. URL |
  3. 速水準 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://radiationexposure.blog.fc2.com/tb.php/3-d45e2197
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。