内部被ばくを考える市民研究会

福島第一原発事故後の日本に生きて、川根眞也が日々感じて思うことをつらつらを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

農林水産省への抗議『食品中の放射性物質に係る自主検査への対応に関する通知』

 2012年4月20日農林水産省は、『食品中の放射性物質に係る自主検査への対応に関する通知』を出した。

★食品検査、独自基準やめて…農水省が通知 読売新聞 2012年4月21日 夕刊 
 食品中に含まれる放射性セシウムの検査で、国の規制値より厳しい独自基準で検査をする動きが広がっているとして、農林水産省は20日、食品関連の270団体に、国の規制値に基づく検査を求める通知を出した。
 同省は「独自基準は、国の新規制値を形骸化させる」としている。
 国は4月から、暫定規制値(一般食品に含まれるセシウム1キロ・グラム当たり500ベクレル)を改め、新規制値(同100ベクレル)を導入。ただ、一部の食品スーパーや消費者団体などは「消費者により安全・安心を届けたい」として、100ベクレルよりも厳しい規制値を独自に設けている。通知は「過剰な規制と消費段階での混乱」を避けるため、新規制値に基づく検査を要望。規制値は世界的にも厳しい基準であることを強調している。

 農林水産省の定めた、放射性セシウム100ベクレル/㎏の新基準値は、チェルノブイリ事故後のウクライナ共和国、ベラルーシ共和国等における住民の健康被害の実態を無視した、あまりにも高すぎる基準値であり、とうてい受け入れることはできない。

 市民放射能測定所や各自治体が独自の検査を行い、スーパーなどが独自の基準値を設け、安心できる食材を購入または販売できるようにするのは至極当然のことである。

 農林水産省のみなさんは、放射性セシウム100ベクレル/㎏が人体にどれほどの影響をもたらす結果となるか、自分の頭で考えたのか。

 忠告をしたい。国際放射線防護委員会(ICRP)の放射線防護モデルはまったく機能していない。チェルノブイリ事故後の住民の健康被害を説明できないだけでなく、イギリス、セラフィールド核燃料工場周辺における、子どもたちの白血病の急増や、イラクの劣化ウラン弾の被害による、子どもたちの白内障の原因を説明できていない。

 農林水産省が依拠している「放射線防護の専門家」の考えた計算式そのものが間違っているとしたら、100ベクレル/kgで安全とは言えない。

 ただちに4月20日に出した、『食品中の放射性物質に係る自主検査への対応に関する通知』通知の撤回と謝罪をもとめる。

                     2012年4月21日    内部被ばくを考える市民研究会 川根眞也

農林水産省の出した通知『食品中の放射性物質に係る自主検査への対応に関する通知』

農林水産省への意見窓口
スポンサーサイト
  1. 2012/04/21(土) 22:20:24|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<福島県の学校の校庭はどれくらい放射能汚染されていたか? | ホーム | 2012年4月14日 横浜で1.2マイクロシーベルト/時越え(Radex1503)>>

コメント

23日の京都府庁前行動を貫徹。農水相糾弾では大きな勝利です。‏

京都生協の働く仲間の会です。23日の京都府庁前行動を貫徹。農水相糾弾では大きな勝利です。‏
2012年4月25日京都生協の働く仲間の会

1、大飯原発再稼働策動を粉砕。京都府庁前行動して良かったです。
2、私達は冒頭から再稼働策動を絶対許せないと訴えた。特に福島ではなにが行われているか?はっきりさせよう!と訴えた。
3、まず、100万ベクレル問題だ。南相馬市では100万ベクレル物質が道路のあちこちにあり、空気中に舞っている。その為に内部被曝が強要されている。肉は100ベクレルが規制値だ。その1万倍。これは人がまた特に子供が住めるところではないことを示す。
また放射線管理区域での生活を子供らにも強要してることです。この点は小出さんもいつも主張しておられます。
これがまず第1です。そしてこれを先頭に被曝ジェノサイドが次々とかけられ来ている。
4、その①が山田知事が公言している放射能瓦礫バラマキです。京都市では、左京市原、右京高雄、伏見横大路です。その②が山田知事が公言している最終処分場の舞鶴市と京丹波町への設置です。その③が使用済み核燃料の中間貯蔵施設の設置です。その④が汚染食品の販売です。その⑤が重大な再稼働策動です。これらが一体となって被曝ジェノサイドが次々とかけられて来ています。5、ところで、大飯原発再稼働反対の取り組みで大事なのは、安全無視、福島原発事故が更に深刻化しているにも関わらず、再稼働策動です。絶対に許せません。加えて、関西電力と大飯原発が暴力団の暴力的労働者支配による被曝の強要によって成り立っていることを絶対に許せないと言うことです。
本年1月職安法違反で福井福岡両県警が合同で大飯原発を家宅捜索。3人が逮捕された。北九州工藤会関連会社幹部などだ。この職安法違反は4月有罪が確定した。関電は長年にわたって違法な原発労働者支配を行ってきたこと、アルバイト高校生しら多数被曝させてきたこと、それは福井県暴力団取締条例に反するものであることは明白です。これは重大なことです。この工藤会は今北九州銃撃事件を多々はひきおこしていると言われる銃撃暴力団だ。
重大なことはここ迄関西電力と大飯原発の暴力団との一体化が明らかになっているのに、関西電力は大飯原発は罪に問われない、福井県暴力団取締条例に反するとして罪に問われることもない。まさにここには関西電力と大飯原発と工藤会等暴力団と政府=警察の癒着があると言うべきです。
6、私達は、これら6つすべてが被曝ジェノサイドであり、これら6つすべてて闘っていかなければいけない。再稼働反対だが、放射能瓦礫バラマキはどうでもいいなどあってはならない。このことをはっきりさせるべきです。
菅直人首相は浜岡原発を止めた。しかし、福島などの多くの人々を20ミリシーベルトを強要してきたなど、まさに被曝ジェノサイドの犯罪者としてとことん断罪されなければならない。7、
京都山田知事は今原発再稼働な慎重です。しかし、今山田は放射能瓦礫の受け入れの先頭に立ち、また最終処分場設置の先頭に立っています。絶対に許せない被曝ジェノサイドの責任者です。3月31日京都の仲間は、山田知事らを、放射能瓦礫ばらまくな、人殺し、人が先!と訴え、糾弾した。
8、にもかかわらず、京都では山田知事がんばれ、山田知事ありがとう、山田知事を激励する。などと言う人がばっこしてる。とんでもない話だ。山田知事は被曝ジェノサイドだ。
9、
私達は、そんな中、23日私たちも訴えたことの重大な勝利を1つ勝ち取った。食品汚染の安全基準について農水省の被曝ジェノサイドをしっかりと跳ね返した。重大な勝利だ。農水省は通知で放射能汚染食品を食べろ、子供が内部被曝してもかまわない、農水省の基準より厳しくするなと、通知した。しかし、子らの命を守ろうと言う声は京都府庁前の私たちのも含め、大きな力になり、遂に農水相は国の基準以下の基準を否定しないと軌道修正した。国の基準以下の基準を認めないから大転換を勝ち取った。大きな進展だ。大勝利だ。私達には大きな力がある。この力を爆発させて国、山田知事の放射能汚染受け入れを完全に粉砕しよう。
なお、この点は、汚染食品の事は、沖縄におけるソテツ地獄の話を思い起こさせられた。私たちはそのソテツ地獄をも繰り返させないことを思いながら、食品被ばく問題としっかりと闘いたい。以上。
  1. 2012/04/25(水) 22:10:24 |
  2. URL |
  3. 京都生協の働く仲間の会 #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい勝利です。このブログに感謝しています。

それにしても、農水省のたくらみを完全に粉砕したのは、素晴らしい勝利です。みんなの素晴らしい力を感じました。
野田は、農水省は、子供殺し、被曝ジェノサイドを、命じたのです。子供は被曝させて殺しても構わないと。放射能=毒を食えと。農水省の基準を守れとは、基準を厳しくして、被ばくを少しでも減らそうという努力を、許さない、権力でつぶすという宣言です。
子供殺し宣言です。被曝強要、ジェノサイド宣言です。それを4月21日の通知を、4月23日には、「通知には、強制力はない。」「被ばくを少しでも減らそうという努力を否定するものではない」というに至ったのです。
当然のことです。しかし、被ばくジェノサイド野田は、当然のことを否定し、虐殺を行うというのです。被ばくジェノサイド粉砕へ、この大勝利をさらに強くしましょう。
  1. 2012/04/25(水) 22:12:08 |
  2. URL |
  3. 京都生協の働く仲間の会 #-
  4. [ 編集 ]

ご一読ご検討ください。

2012年5月8日公開質問状
野田首相
大阪市橋下徹市長
京都市門川大作市長
神戸市長
滋賀県嘉田由紀子知事
京都府山田啓二知事
各位
2012年5月8日
京都生協の働く仲間の会(アルバイト仲間も加入できます。)
電話=09011446818keizirou.hushimi@hotmail.co.jp
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)
(1)
大飯原発再稼働をやめ、全原発の即時廃止を強く要求する。
(2)
京都市伏見、左京、右京のクリーンセンター、あるいは、近江八幡、長浜などのなどをはじめとした全国への放射能がれきバラマキと焼却をやめることを強く要求する。琵琶湖を汚染する事は許されない。私たちも、被害地元である。
(3)
京都府京丹波町・舞鶴市への最終処分場建設をやめることを強く要求する。
(4)
京都・関西への使用済み核燃料中間貯蔵施設建設をやめることを強く要求する。
(5)
関電・大飯原発とその関連企業などは、本年1月13日の職業安定法違反で家宅捜索、3人逮捕、起訴され、4月には有罪が確定した。このことからも明らかなように、関電・大飯原発とその関連企業などは、暴力団による労働者支配と、暴力団の資金源になってきた。このことは、福井県警・福岡県警合同捜査本部でも明らかにしている。これまでには、京都府綾部のアルバイト高校生多数に労働基準法違反で、被曝労働を強要してきた。それも、暴力団企業を使ってだ。それ故関電も、原発も、企業として原発事業者として存立は許されない。廃業にするべきだ。強く要求する。
この点、関電大株主である大阪市橋下徹市長、京都市門川大作市長、神戸市長らの責任は重大である。 もちろん、野田首相の責任も重大である。
更には、被害地元を主張をしている滋賀県嘉田由紀子知事、京都府山田啓二知事の責任も重大である。この点を全く問題にしていない。
あたかも、関電が、暴力団の資金源になり、労働基準法違反、職業安定法違反の無法行為が、暴力団企業の支配のもと、関西電力の労働現場ではまかり通ることが当たり前のようになっている。このことを関電大株主である大阪市橋下徹市長、京都市門川大作市長、神戸市長らも、もちろん、野田首相らも、警察権力も、はたまた、被害地元を主張をしている滋賀県嘉田由紀子知事、京都府山田啓二知事も承認しているかのようだ。これこそ、癒着そのものといえる。絶対に許されない。
以上について、貴職の誠実な回答を2週間以内に、つまり、5月22日までに文書で、また、メールでされることを強く求めます。以上。
2012年5月8日
京都生協の働く仲間の会(アルバイト仲間も加入できます。)
電話=09011446818keizirou.hushimi@hotmail.co.jp
(連絡先=京都伏見東郵便局私書箱26号)

第1に、今日、野田首相らは、全国を被曝させ、被曝ジェノサイド=大量虐殺を行ってきている。本当に許せません。福島では、南相馬市で、100万ベクレルの物質が、町のあちこちにあり、空中も飛び交っている。ここで生きる、生活するなどという事はできるものではない。してはいけない。子供も、大人も。
更に、放射線管理区域=毎時0・6マイクロシーベルト以上の場所では、子供は立ち入ってはいけないとなっている。大人も、食事をしたり、寝たり、横になったり、お茶を飲んでもいけないとなっている。しかし、野田首相らは、放射線管理区域の中に、子供をはじめとした住民を閉じ込め、そこでの被曝生活を強要している。まさに、被曝ジェノサイドを執行している。絶対に許せない。
浪江町町長は、これらの政府=国、福島県の暴挙に対して、「人の命をなんだと思っているのか。殺人行為だ。」として、野田首相ら、福島県知事らを、刑事告訴することを公に進めている。
第2に、なお、こういう中、4月5日門川大作京都市長は「震災がれき 3施設で試験焼却 検証後判断」と発表した。私たちは、国=野田政権、山田知事、門川市長らによる伏見区の東部クリーンセンターを除く東北部(左京区静市)、北部(右京区梅ケ畑)、南部(伏見区横大路)の3クリーンセンターを使った、京都市の子供ら150万人の大量被曝ジェノサイドを絶対に阻止する。
私たちは、私たちの子供たちは、絶対に被曝を拒否する。
(1)京都市南部クリーンセンターは、京都市伏見区横大路八反田29にあります。近くを国道一号線、外環状バイパス、第2京阪道路。京阪電車が通ります。京都市横大路学園=京都市の資源ゴミの分別作業を行っている知的障害者通所授産施設が、このど真ん中にあります。横大路運動公園は、隣です。近くには、横大路小学校、横大路保育園、洛水高校、洛水中学がある。淀競馬場は、直近。京漬物大安、伏見の清酒黄桜、月桂冠などの工場がある。更に近くには3万人ほどの京都市有数の巨大な向島団地がある。
(2)京都市北部クリーンセンターは、京都市右京区梅ヶ畑高鼻町27番地にあります。隣は高雄病院。京都では有名な紅葉の名所高雄への道=周山街道沿いにある。金閣寺、竜安寺、仁和寺、等持院、妙心寺と連なる。立命館大学がある。また、広沢の池、大覚寺、北嵯峨高校など嵯峨野・嵐山にも近い。
(3)京都市東北部クリーンセンターは、京都市左京区静市市原町1339番地にあります。叡山電鉄鞍馬線の市原駅近く、鞍馬、京都産業大学、京都精華大学、北稜高校、岩倉病院などがあります。また、賀茂川・高野川の上流です。
結局、京都盆地は、3方向を放射能がれき焼却にされます。そのために、放射能汚染空気、汚染水、汚染食品が間違いなく生まれてきます。もちろん、私たち自身も被曝します。
私たちは、私たちの子らは、被曝を拒否する。
日本の全人民の被曝化を拒否する。
国=野田首相の被曝ジェノサイド(大虐殺)を粉砕する。
私たちは、今こそ、こう叫ぶ。
以下は、2012年5月1日京都地域メーデーで配布されていた訴えです。ご一読ご検討下さい。私たちも、メーデー行動に参加しました。「
がれきでなく、人を受け入れてください。
(避難者からの手紙)
・放射性物質は、燃やさずに一カ所に集めるが、世界の常識です。
・東京湾の中央防波堤にごみ焼却場がありますが、湾岸には多くのホットスポットが点在し、この1年で放射線値が上がり続けています。

東日本では本来なら当然の保育環境が奪われた。
東京でも、砂場は土壌計測してもらうと、汚染されていて、入れ替えしても2ヵ月でまたセシウムが検出された。給食の安全性の交渉もし続けたが、安心して食べさせられるものにはならなかった。牛乳は、4月5月は、福島の言乳も入ったものだったから、すぐに不飲にした。秋口、複数の子供たちから、セシウムが検出された。
子供たちが鼻血を出すようになったと、母親たちからよく聞くようになった。気のせいではないはず。なぜなら、京都の母親たちは、子供たちが鼻血をよく出す、とは誰も言わない。

それが私たちに起きたこと。
西日本の人たちに聞いてほしい。

全国で汚染されてしまった瓦礫が焼却されれば、どこにホットスポットが出るかという不安、野菜の計測や子供たちの尿検査も必要、永遠に続く東日本と同じ闘いが始まる。
2年間瓦礫を燃やすことが、どのような影響を与えるか、それは計算できない。

それでも瓦礫を受け入れる覚悟がありますか。
環境省が放射能についての知見がなく、がれき拡散をしようとしていることも明らかとなった。バグフィルターは、放射能を閉じ込めるものではない。
どうか東日本の子供たちが、安心して保養疎開できる土地と食べ物を残してほしい。
チェルノブイリの経験からすれば、これから東日本の子供たちは、私たちの孫の世代まで、保養が必要になってくる。ベラルーシの子供たちは、今も、ヨーロッパ各地に毎年保養に出かける。

被災地の支援は、がれきを受け入れる事ではなく、人を受け入れられる汚染されない土地を残すこと、安全な食べ物を増産すること、人を受け入れる事なのです。
自主避難の親たちの二重家賃と交通費は、厳しいものです。
日本の放射能汚染は今始まったばかり。終わったのではないのです。それに気づいた親たちが、子供を連れて逃げてきています。」と。
第3に、「関電・大飯原発とその関連企業などは、暴力団による労働者支配と、暴力団の資金源になってきた。」点については、美浜の会がそのHPではっきりとその反省を求め、関電と原発の存在自身認められないと指摘している。次の通りだ。
「4.関西電力は、大飯原発の工事で、暴力団と関係のある下請会社と契約を結んでいた。

 関西電力が、大飯原発の配管補修などで、暴力団と関係のある下請会社と契約を結んでいたことが発覚しました。下請会社の関係者は偽造請負等で逮捕され、福井県警と福岡県警は大飯原発構内で下請け会社の事務所を家宅捜索するなど事態は深刻です。福井県の暴力団排除条例(第20条 取引の関係者の確認等)では、電力会社(公益事業者)が暴力団との取引を行わないことが明記されています。関電はこの条例にも違反しています。
 このような関西電力に原発を運転をする資格などありません。さらに、運転再開の筆頭に大飯3・4号の再開など到底許されるものではありません。経産大臣と保安院は、関電の原発運転再開の手続きを全て中止し、現在唯一動いている高浜3号も停止し(2月20日に定期検査入り)、原発の運転そのものを禁止すべきです。

◎大飯原発で組関連企業が違法労働 県警など3容疑者逮捕
  福井新聞(2012年1月13日午前8時00分)

◎大飯原発 工事偽装請負 「太平電業が主導」 逮捕の所長ら認める
  読売新聞2012年1月14日

◎ 福井県の暴力団排除条例(第20条)
福井県暴力団排除条例を公布する。
平成二十二年十二月二十四日 福井県知事 西川 一誠
福井県条例第三十一号 福井県暴力団排除条例

(取引の関係者の確認等)
第二十条 公益性の高い事業に従事する事業者として公安委員会規則で定めるもの(以下「公益事業者」という。)は、その行う事業に係る取引により暴力団を利することとならないよう、当該取引の相手方および当該取引の媒介をする者(以下「取引の相手方等」という。)が、暴力団員または暴力団もしくは暴力団員と密接な関係を有する者でないことを確認し、当該者を取引の相手方等としないために必要な措置を講ずるものとする。ただし、法令上の義務を履行する場合は、この限りでない。
 2012年1月16日
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
530-0047 大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3階
       TEL 06-6367-6580  FAX 06-6367-6581
       http://www.jca.apc.org/mihama/  mihama@jca.apc.org」と。

以上。
  1. 2012/05/09(水) 11:22:19 |
  2. URL |
  3. 京都生協の働く仲間の会 #EBUSheBA
  4. [ 編集 ]

Re: ご一読ご検討ください。

 まったくその通りだと思います。

 大飯原発は再稼働せず、すぐに廃炉の準備に取り掛かるべきです。4月25日の各紙の報道で、敦賀原発の下には活断層と並び、多数の破砕帯があることがわかっています。

福井新聞 4月25日
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34395.html

 大飯原発の地下も調べる必要があるのではないでしょうか。

 環境中に出てしまった放射性物質の管理は、書かれているように、1箇所に集めて管理すべきです。日本全国に放射性物質を拡散することは絶対にあってはなりません。

 アメリカ、イギリス、フランスなども放射性廃棄物の最終処分場を確保することができず、困っています。日本全国47都道府県は、日本の原発関連の核廃棄物の最終処分場、そして、これら諸外国の核廃棄物の最終処分場として狙われているのではないか、と思います。

 震災がれきを受け入れた自治体には、次には「低レベル」放射性廃棄物の処分場と「中間」処理施設の設置の話が持ち上がるのではないでしょうか。自民党のやり方と同じです。小さく産んで大きく育てる、彼らの常とう手段だと思います。

 すべての原発を廃炉に、そして、一刻も早く、日本の国内に最終処分場を定め、そこに出てしまった放射性物質を集中管理すべきです。
  1. 2012/05/10(木) 06:10:58 |
  2. URL |
  3. 川根眞也 #TM7rsj.w
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://radiationexposure.blog.fc2.com/tb.php/26-eae5f988
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。