内部被ばくを考える市民研究会

福島第一原発事故後の日本に生きて、川根眞也が日々感じて思うことをつらつらを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

原発事故の責任をただす!福島原発告訴団・関東に参加を!

 福島原発告訴団・関東の告訴人の締め切りが明日10月31日。川根も本日、① 入会申込書 ② 委任状 ③ 陳述書を書き、先ほど投函しました。明日、入会金(1口1000円以上)を振り込みます。
 東京都立産業技術研究センターが2011年3月13日16:00pmから空気中の放射性物質の濃度を測定していました。昨年の3月15日、東京都世田谷区深沢においても、とんでもない空気を私たちは吸っていたことが判明しました。この日の10時~11時の空気1m3中にヨウ素131が241ベクレル、ヨウ素132が281ベクレル、ヨウ素133が30ベクレル含まれていました。放射性セシウムも同空気1m3中にセシウム134が64ベクレル、セシウム136が11ベクレル、セシウム137が60ベクレル含まれていました。
東京都 都内における大気浮遊塵中の核反応生成物の測定結果について 2011年3月15日
『私たちは2011年3月にどんな空気を吸っていたのか?』
 この東京都立産業技術研究センターのデータを見た、小出裕章さんは「バキュームエアサンプラーのフィルターで気体状の粒子を取るには限界がある。実際にはこの数値の6倍のヨウ素があったのではないか」と言われたそうです。
 このデータを紹介したところ、埼玉県のある市の保育園に通わせていたお母さんから連絡がありました。お子さんが2011年3月後半に大量の鼻血を2回出した、ソファカバーに鼻血が溜まってたぷんたぷんする量だった。日に3〜4回の下痢も始まり、トイレに間に合わず脱糞してしまう事もあった、と。5月後半に沖縄に避難したところ、 4日で寛解。(お母さんの下痢症状は8日かかった。喉の不調が治るのには2.3ヶ月かかった)今まで鼻血を出した事のない子だったので驚いた。お母さんも便秘症でしたので、2ヶ月以上お通じがいい事が初めてだった、と。

 その保育園の土壌を2011年5月2日に表土0-1cm採取したものが驚くべきことに、ヨウ素131 1029ベクレル/kg 放射性セシウム合計1297ベクレル/kgでした。表土を3cm除去した後の下の土を2011年5月9日に採取したものが、ヨウ素131 441ベクレル/kg 放射性セシウム合計1103ベクレル/kgでした。

埼玉県B市 C保育園 表土 0-1cm ヨウ素131 1029ベクレル毎kg セシウム合計1297 20110502
埼玉県B市 C保育園 表土 3cm除去後 ヨウ素131 441ベクレル毎kg セシウム合計1103 20110509

 昨年の5月の時点でこれほどまでに汚染されているところが、三郷市など以外にも埼玉県にあったのです。今中哲二さんはこう強調されていました。「放射能汚染マップを一軒ごとに作る必要がある。ここは比較的安全でも一軒隣りがホット・スポットであることがありうる」と。
 そして、現在でも放射性セシウムが1000ベクレル/kgある場所は、昨年の5月初旬の時点でもヨウ素131が1000ベクレル/kgあった可能性がある、ということです。今後の健康被害が出てくる可能性は否定できません。

チェルノブイリ医師協会のアンゲリーナ・ニヤグ博士は、チェルノブイリ原発事故で被ばくした北ウクライナ住民にあらわれた精神、神経、身体の疾患(1987~1992年)の統計データをまとめています。そのデータをグラフ化したものが以下です。

 チェルノブイリ原発事故で被ばくした北ウクライナ住民にあらわれた精神、神経、身体の疾患(1987~1992年) Nyagu

 これを見るとチェルノブイリ事故から5年後から北ウクライナ住民(チェルノブイリ原発はウクライナの北部国境沿いにある)にさまざまな疾患が爆発的に増えていることがわかります。福島県、宮城県南部や岩手県、山形県、栃木県、群馬県、茨城県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県など高濃度に汚染された地域では、このように、循環器系疾患、骨格筋疾患、消化器疾患、皮膚結合繊疾患、内分泌疾患、神経疾患、精神疾患などのさまざまな疾患に苦しむ人々が出るのではないでしょうか。

 私は、政府の除染をして20ミリシーベルト以下になったら住民を帰還させるという政策は誤りだと思います。年間1ミリシーベルトを超える場所に人間を住まわせるべきではありません。年間1ミリシーベルトの場所で産まれた子どもは70歳で70ミリシーベルト被ばくすることにもなるのです。  
 年間0.3ミリシーベルトを越える場所に人を住まわせるべきではないと考えます。1ミリシーベルト以下でも移住を希望する人々の権利を認め、居住場所・就職先・就学先等を国家の責任で補償すべきであると考えます。

 締め切りまであと1日。みなさんも、福島原発告訴団・関東の告訴人になりましょう。

☆福島原発告訴団に参加するには?

告訴団への入会は、以下の①~③の3つの手続きが必要です。

* *① 会費(1口1000円以上)を納付する。 *
* *② 入会申込書と委任状、陳述書(任意)を書き、印かんを押す。*
* *③ 上記3点を事務局へ送付する。*

*以上ですべて*です!

福島原発告訴団サイト
http://dainiji-fukusimagenpatsu-kokusodan.blogspot.jp/p/blog-page.html

上記のサイトから、

02 入会案内
03 委任状
04 陳述書(任意なので、出さなくても良い)

の3点をダウンロードし、プリントアウト、署名捺印、捨て印
陳述書を書かなければ、5分でできます。

上記の書類を以下に郵送
〒167-0032 東京都杉並区天沼3-31-35 柏木店舗2階
          福島原発告訴団

会費を別途ゆうちょ銀行口座へ振り込む 
*会費(1口1000円以上)の納入をお願いします。
 (送金先) =郵便振替口座=
  口座記号番号 00190-6-570373
  加入者名 福島原発告訴団・関東
       (フクシマゲンパツコクソダン カントウ)


スポンサーサイト
  1. 2012/10/30(火) 23:22:16|
  2. 放射能
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。